リフォームには補助金が出る!知っておきたいポイント

リフォームの補助金制度を利用して上手なお金の使い方をしましょう

エコ住宅にしたい場合における補助金制度とは?

自治体をはじめ、リフォームをする際に補助金制度を設けています。しかし、予め設定されている予算が有限なのもあり、申請したい時にいつでも受けられるとは限りません。

断熱や省エネ対策の用途でエコ住宅へのリフォームや設備の設置をする場合も、補助金の対象となる場合が良くあります。賢く利用すれば環境にも配慮できるうえ、費用面の負担を抑えてエコ住宅に仕上げられます。また、税金の減税を受けられる可能性もあります。ただし、補助金を含めても初期費用が安くないので、中長期的視点から得か否かを判断するスキルも求められます。

行政の介護認定審査で要介護や要支援を受けた人がいる家族向けにリフォームをしたい場合には、高齢者住宅改修費助成制度があります。各自治体への申請手続き以外に、ケアマネによる改修工事が必要な理由の明記が求められます。支給額の条件は20万円に対する9割支給です。また、要介護の状態が悪くなった時や転居をした際には再度20万円の支給が受けられます。

耐震リフォームを図りたい時には、確認ポイントがあります。先ず、昭和56年5月31日以前に建設された建物が対象となります。これは、現在の建築基準法で定められた耐震基準を満たしていない建物が多いのが理由です。そのうえで、工務店をはじめ業者が行った耐震診断の結果を基に、審査を受けて合格した建物が対象です。1階及び2階建ての木造軸組み立て工法の住宅以外に、自治体によっては他の工法でも可能なケースがあるので確認してみましょう。3階建ての場合は、特殊工事となるので対象から外れている場合が多いです。

補助金を受ける前に知っておくと良い情報

断熱や電気代節約の観点で、エコ住宅向けのリフォームを考える人はいます。様々な制度があるので、自分に合うものを選ぶと良いでしょう。しかし、使い方次第では費用負担を抑えられても、生活への不便をきたしかねません。それを防ぐために、いくつかの補助金制度について紹介します。

介護する家族がいる人必見!補助金の仕組みを知り様々な負担軽減

介護者を対象にしたリフォームをするにあたり、補助金申請が受けられると費用面の負担軽減が図れます。介護保険に加入をしている以外に、認定を受けているなどの条件は求められます。しかし、支給要件もあるので申請をする前に注意が必要となります。確認を行い申請に繋げられると、介護生活での助けになるでしょう。

耐震補強を行い今よりも頑丈な建物にしたいなら

地震対策などで今よりも建物を強化したい時に、耐震補強のリフォームを考える人はいます。耐震補強に掛かる費用は平均150万円程度掛かっているというデータもあります。しかし、補助金申請などを上手に活用できれば費用面の負担軽減が図れます。賢く活用して、安心できる住空間を得ましょう。